1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 生命医科学研究センター
  4. 融合領域リーダー育成プログラム

生命医科学研究センター プロテオーム恒常性研究ユニット

ユニットリーダー 今見 考志(Ph.D.)

研究概要

今見 考志

当ユニットでは細胞内外のプロテオームの恒常性がどのように制御・維持されているのかを明らかにします。特に、新生タンパク質の動態に着目し、プロテオームが形成される仕組みやその恒常性の維持の理解を目指します。質量分析を軸に生化学・分子生物学・生物情報学を駆使しながら、タンパク質レベルでしか得られない情報(翻訳、分解、翻訳後修飾、活性、タンパク質相互作用等)を高深度・包括的に捉える独自の技術を開発します。プロテオーム関連技術の開発と基礎研究の両輪から生命医科学研究に貢献し、細胞の恒常性や疾患メカニズムをタンパク質レベルで理解することを目指します。

研究主分野

  • 総合生物

研究関連分野

  • 化学
  • 複合領域
  • 総合生物
  • 生物学
  • 医歯薬学
  • システムゲノム科学関連
  • ゲノム生物学関連
  • ケミカルバイオロジー関連

キーワード

  • プロテオミクス
  • 質量分析
  • 翻訳
  • 翻訳後(中)修飾
  • システム生物学

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1. Tsumagari K, Isobe Y, Ishihama Y, Seita J, Arita M, Imami K.
    "Application of liquid-liquid extraction for N-terminal myristoylation proteomics"
    Molecular & Cellular Proteomics, 100677 (2023)
  • 2. Li Y, Kanao E, Yamano T, Ishihama Y, Imami K.
    "TurboID-EV: Proteomic Mapping of Recipient Cellular Proteins Proximal to Small Extracellular Vesicles"
    Analytical Chemistry, 95(38):14159-14164 (2023)
  • 3. *Imami K, Selbach M, Ishihama Y.
    "Monitoring mitochondrial translation by pulse SILAC"
    Journal of Biological Chemistry, 299:102865 (2023)
  • 4. *Harnett D, Ambrozkiewicz MC, Zinnall U, Rusanova A, Borisova E, Drescher AN, Couce-Iglesias M, Villamil G, Dannenberg R, Imami K, Münster-Wandowski A, Fauler B, Mielke T, Selbach M, Landthaler M, Spahn CMT, Tarabykin V, Ohler U, Kraushar ML.
    "A critical period of translational control during brain development at codon resolution"
    Nature Structural & Molecular Biology, 12:1277-1290 (2022)
  • 5. *Uchiyama J, Roy R, Wang DO, Morikawa K, Kawahara Y, Iwasaki M, Yoshino C, Mishima Y, Ishihama Y, Imami K.
    "pSNAP: Proteome-wide analysis of elongating nascent polypeptide chains"
    iScience, 25:104516 (2022)
  • 6. *Kraushar ML, Krupp F, Harnett D, Turko P, Ambrozkiewicz MC, Sprink T, Imami K, Günnigmann M, Zinnall U, Vieira-Vieira CH, Schaub T, Münster-Wandowski A, Bürger J, Borisova E, Yamamoto H, Rasin MR, Ohler U, Beule D, Mielke T, Tarabykin V, Landthaler M, Kramer G, Vida I, Selbach M, Spahn CMT.
    "Protein Synthesis in the Developing Neocortex at Near-Atomic Resolution Reveals Ebp1-Mediated Neuronal Proteostasis at the 60S Tunnel Exit"
    Molecular Cell, 81:304-322 (2021)
  • 7. *Uchiyama J, Ishihama Y, Imami K.
    "Quantitative nascent proteome profiling by dual-pulse labelling with O-propargyl-puromycin and stable isotope-labelled amino acids"
    Journal of Biochemistry, 169:227-236 (2021)
  • 8. *Theil K, Imami K, Rajewsky N.
    "Identification of proteins and miRNAs that specifically bind an mRNA in vivo"
    Nature Communications, 10:4205 (2019)
  • 9. *Imami K, Milek M, Bogdanow B, Yasuda T, Kastelic N, Zauber H, Ishihama Y, Landthaler M, Selbach M.
    "Phosphorylation of the Ribosomal Protein RPL12/uL11 Affects Translation during Mitosis"
    Molecular Cell, 72:84-98 (2018)
  • 10. *Wessels HH(#), Imami K(# co-first), Baltz AG, Kolinski M, Beldovskaya A, Selbach M, Small S, Ohler U, Landthaler M.
    "The mRNA-bound proteome of the early fly embryo"
    Genome Research, 26:1000-9 (2016)

研究成果(プレスリリース)

メンバーリスト

主宰者

今見 考志
ユニットリーダー

メンバー

津曲 和哉
基礎科学特別研究員
林 青順
テクニカルスタッフⅠ
五十嵐 果奈子
研究パートタイマーⅠ

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22 北研究棟2F
Email: koshi.imami [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top