1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 情報統合本部
  4. 先端データサイエンスプロジェクト

情報統合本部 データサイエンスデザインチーム

チームリーダー 井原 雅行(Ph.D.)

研究概要

 (Ph.D.)

データサイエンスデザインチームでは、デザイン思考とデータサイエンスを用い、データ駆動型でありながら人間中心のサービス設計方法論を研究しています。サービス受益者となる国民に共感し、解くべき課題を特定し、課題解決を行う一連のステップにおいて、専門家が所有するサイエンスデータと国民の生活現場から得られる情報を統合的に活用し、社会課題の解決に貢献します。各種データの収集、整備、活用を行うオープンシステムの構築に加えて、専門家に閉じず、国民がデータサイエンスを活用した科学イベント体験やサービス創造に関わることのできるシチズンサイエンスの実現を目指します。

研究主分野

  • 複合領域

研究関連分野

  • 情報学
  • 総合人文社会
  • 社会科学
  • デザイン学
  • 統計科学
  • サービス情報学

キーワード

  • サービスデザイン
  • データサイエンス
  • 人間中心設計
  • インタラクション
  • 社会課題解決

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1. *赤坂文弥, 中谷桃子, 井原雅行, 本江正茂
    "リビングラボにおける生活者との共創の進め方 -東日本大震災の災害公営住宅におけるリビングラボ実践にもとづく分析"
    日本デザイン学会論文誌, vol.67, no.3, pp.19-28 (2021).
  • 2. *井原雅行, 中島 浩, 宮田章裕, 青木良輔, 石田達郎, 瀬古俊一, 渡辺昌洋, 橋本 遼, 渡辺浩志
    "技術改良プロセスの実践とデザイン思考にもとづく考察"
    ヒューマンインタフェース学会論文誌, vol.21, no.4, pp.359-370 (2019).
  • 3. *Ihara, M., Hayashi, M., Akasaka, F., Kimura, A., and Watanabe, H.:
    "How to co-design with citizens for successful living lab?"
    Design, User Experience, and Usability: Design, User Experience, and Usability. Design Philosophy and Theory. HCII 2019. Lecture Notes in Computer Science, vol.11583, pp.237-252, Springer.
  • 4. *Kimura, A., Akasaka, F., Watanabe, H., and Ihara, M.:
    "Hypothesis-search type Living Lab for effective co-creation"
    Proc of joint conference ICSSI2018 and ICServ2018, 14-3, Taichung, Taiwan (2018).
  • 5. *Akasaka, F., Kimura, A., Ihara, M., and Yasuoka, M.:
    "How to make successful Living Labs?: Extraction and description of key know-hows for Living Lab projects"
    Proc of joint conference ICSSI2018 and ICServ2018, 14-2, Taichung, Taiwan (2018).
  • 6. *Kusano, K., Kimura, A., and Ihara, M.:
    "ServDeWS: The service design workshop on utilizing multi-viewpoint and diversity of participants based-on human centered approach for R&D specialists"
    Proc of ServDes2018, vol.150, no.42, pp.523-533, Milano (2018).
  • 7. *Yasuoka, M., Akasaka, F., Kimura, A., and Ihara, M.:
    "Living labs as a methodology for service design - An analysis based on cases and discussions from a systems approach viewpoint"
    Proc of Design2018, pp.127-136, Dubrovnik, Croatia (2018).
  • 8. *Ihara, M., Nakajima, H., Watanabe, H., Aoki, R., Hashimoto, R., Watanabe, M., Miyata, A., Seko, S., and Ishida, T.:
    "The East Japan Earthquake Triggered Design Guidelines of Services for Disaster Situations"
    Proc of ACM CHI 2017 workshop, Denver (2017).
  • 9. *Ihara, M., Kobayashi, M. and Sakai, Y.:
    "A new paradigm of designing human communication tools: a human affordance theory"
    International Journal of Computer Science & Applications, vol.6, no.2, pp.86-103 (2009)
  • 10. *井原雅行, 小林 稔
    "価値観を用いたコミュニケーション支援のための発言開始語句分析"
    情報処理学会論文誌, vol.46, no.1, pp.138-146 (2005).

メンバーリスト

主宰者

井原 雅行
チームリーダー

採用情報

募集職種 応募締切
研究員または特別研究員募集(W21138) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
情報基盤棟212-3
Tel: 048-467-9732
Email: masayuki.ihara [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top