1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 放射光科学研究センター
  4. 先端光源開発研究部門

放射光科学研究センター 回折限界光源設計検討グループ

グループディレクター 田中 均(D.Eng.)

研究概要

田中 均 (D.Eng.)

回折限界光源設計検討グループは、現状のリング型光源の性能を飛躍的に向上させ、アンジュレータ放射のコヒーレント成分が10keVのX線において10%程度となるエミッタンス100pmradのマルチベンドアクロマット(MBA)構造を採用した次世代リング型光源の設計並びにそれに用いられる要素技術開発を行っています。特に、低エミッタンス化により、単位長さ当たりの機器の数が増大するので、全てのシステムのコンパクト化が必要となります。

研究主分野

  • 総合理工

研究関連分野

  • 数物系科学
  • 工学
  • 応用物理学
  • 量子ビーム科学
  • 計算科学
  • 物理学

キーワード

  • 加速器
  • ビーム物理
  • 放射光
  • X線自由電子レーザー
  • SPring-8

主要論文

  • 1.Watanabe T., Taniuchi T., Takano S., Aoki T., and Fukami K.:
    "Permanent magnet based dipole magnets for next generation light sources"
    Physical Review Accelerators and Beams, Accepted 7 July 2017.
  • 2.Soutome K. and Tanaka H.:
    "Higher-order formulas of amplitude-dependent tune shift caused by a sextupole magnetic field distribution"
    Physical Review Accelerators and Beams 20, 064001 (2017).
  • 3.Tanaka H., Goto S., Takano S., Tono K., Masaki M., and Yabashi M.:
    "Photon diagnostic system to fully utilize the performance of upgraded SPring-8"
    Journal of JSSRR Vol. 30, No.1/Jan., pp.28-38 (2017).
  • 4.Soutome K., Shimosaki Y., Takao M., and Tanaka H.:
    "Nonlinear lattice optimization for the SPring-8 upgrade"
    Proceedings of IPAC2017, Copenhagen, Denmark, pp.3091-3094 (2017).
  • 5.Soutome K., Kaneki K. K., Shimosaki Y., Takao M., and Tanaka H.:
    "Nonlinear optimization of storage ring lattice for the SPring-8 upgrade"
    Proceedings of IPAC2016, Busan, Korea, pp.3440-3442 (2016).
  • 6.Tanaka H., Ishikawa T., Goto S., Takano S., Watanabe T., and Yabashi M.:
    "SPring-8 upgrade project"
    Proceedings of IPAC2016, Busan, Korea, pp.2867-2870 (2016).
  • 7.Oishi M., Takahashi S., Shoji M., Tamura K., Taniuchi Y., Bizen T., and Ohkuma H.:
    "Design and R&D for the SPring-8 upgrade storage ring vacuum system"
    Proceedings of IPAC2016, Busan, Korea, pp.3651-3653 (2016).
  • 8.Ego H., Fujita T., Hosoda N., Kobayashi K., Masuda T., Matsubara S., Sugimoto T., Asaka T., Fukui T., Inagaki T., Kondo C., Maesaka H., Ohshima T., and Sakurai T.:
    "RF system of the SPring-8 upgrade project"
    Proceedings of IPAC2016, Busan, Korea, pp.414-416 (2016).
  • 9.Watanabe T., Aoki T., Fukami K., Matsubara S., Mitsuda C., Takano S., Taniuchi T., Tsumaki K., Hara T., and Kimura H.:
    "Magnet development for SPring-8 upgrade"
    Proceedings of IPAC2016, Busan, Korea, pp.1093-1095 (2016).
  • 10.Tanaka H.:
    "Current status of the SPring-8 upgrade project"
    Synchrotron Radiation News 27, No.6, 23-26 (2014).

研究成果(プレスリリース)

刊行物

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

田中 均
グループディレクター

メンバー

前坂 比呂和
専任研究員
稲垣 隆宏
研究員
原 徹
研究員

お問い合わせ先

〒679-5148 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
Email: tanaka [at] spring8.or.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top