1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 脳神経科学研究センター

脳神経科学研究センター 神経細胞動態研究チーム

チームリーダー 上口 裕之(M.D., Ph.D.)

研究概要

上口 裕之 (M.D., Ph.D.)

脳と脊髄の神経回路が作られるためには、神経細胞から伸びた軸索突起が適切な標的へと到達することが必要です。成長円錐と呼ばれる軸索突起の先端部は、細胞外環境に存在するガイダンス因子を読み取りながら、正確な道筋をたどって移動していきます。一方、損傷を受けた成体の脳脊髄では、軸索突起を反発する因子が産生されて、神経回路の再生が阻害されます。このような発生と再生過程での成長円錐の動きは、類似した分子メカニズムによって制御されています。当チームは、成長円錐の運動制御機構を明らかにするために、ガイダンス因子、細胞内シグナル、細胞骨格、細胞接着および細胞膜ダイナミクスの働きを研究しています。本研究で得られた知見は、神経回路構築の基本原理の解明および神経回路修復へ向けた新戦略の開発に貢献します。

研究主分野

  • 総合生物

研究関連分野

  • 医歯薬学

キーワード

  • 神経再生
  • 軸索誘導

主要論文

  • 1.Akiyama H, Fukuda T, Tojima T, Nikolaev VO, and Kamiguchi H:
    "Cyclic nucleotide control of microtubule dynamics for axon guidance."
    The Journal of Neuroscience, 36(20), 5636-5649 (2016)
  • 2.Wada F, Nakata A, Tatsu Y, Ooashi N, Fukuda T, Nabetani T, and Kamiguchi H:
    "Myosin Va and endoplasmic reticulum calcium channel complex regulates membrane export during axon guidance."
    Cell Reports, 15(6), 1329-1344 (2016)
  • 3.Guy AT, Nagatsuka Y, Ooashi N, Inoue M, Nakata A, Greimel P, Inoue A, Nabetani T, Murayama A, Ohta K, Ito Y, Aoki J, Hirabayashi Y, and Kamiguchi H:
    "Glycerophospholipid regulation of modality-specific sensory axon guidance in the spinal cord."
    Science, 349(6251), 974-977 (2015)
  • 4.Tojima T, Itofusa R, and Kamiguchi H:
    "Steering Neuronal Growth Cones by Shifting the Imbalance between Exocytosis and Endocytosis."
    The Journal of Neuroscience, 34(21), 7165-78 (2014)
  • 5.Tojima T, Hines JH, Henley JR, and Kamiguchi H:
    "Second messengers and membrane trafficking direct and organize growth cone steering."
    Nature Reviews Neuroscience 12(4), 191-203 (2011)
  • 6.Akiyama H, and Kamiguchi H:
    "Phosphatidylinositol 3-kinase facilitates microtubule-dependent membrane transport for neuronal growth cone guidance."
    The Journal of Biological Chemistry 285(53), 41740-41748 (2010)
  • 7.Tojima T, Itofusa R, and Kamiguchi H:
    "Asymmetric clathrin-mediated endocytosis drives repulsive growth cone guidance."
    Neuron 66(3), 370-377 (2010)
  • 8.Tamada A, Kawase S, Murakami F, and Kamiguchi H:
    "Autonomous right-screw rotation of growth cone filopodia drives neurite turning."
    The Journal of Cell Biology 188(3), 429-441(2010)
  • 9.Akiyama H, Matsu-ura T, Mikoshiba K, and Kamiguchi H:
    "Control of neuronal growth cone navigation by asymmetric inositol 1,4,5-trisphosphate signals."
    Science Signaling 2(79), ra34 (2009)
  • 10.Tojima T, Akiyama H, Itofusa R, Li Y, Katayama H, Miyawaki A, and Kamiguchi H:
    "Attractive axon guidance involves asymmetric membrane transport and exocytosis in the growth cone."
    Nature Neuroscience 10(1), 58-66 (2007)

研究成果(プレスリリース)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

上口 裕之
チームリーダー

メンバー

山路 顕子
専任研究員
GUY Adam Tsuda
研究員
前川 素子
研究員
肥田 友伸
研究員
秋山 央子
研究員
HUNG Hui-Hsing
研究員
竹田 浩章
研究員
仁木 隆裕
訪問研究員
井上 真理子
テクニカルスタッフⅠ
大芦 典子
テクニカルスタッフⅠ
福田 徹子
テクニカルスタッフⅠ
仲田 明日香
テクニカルスタッフⅠ
伊藤 拓夢
テクニカルスタッフⅠ
松崎 奈津子
テクニカルスタッフⅠ

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号

hiroyuki.kamiguchi [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top