1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 脳神経科学研究センター
  4. 理研CBS-トヨタ連携センター

脳神経科学研究センター 社会価値意思決定連携ユニット

ユニットリーダー 赤石 れい(Ph.D.)

研究概要

赤石 れい (Ph.D.)

現在日本を含む世界中の社会では大きな変化が進行しつつあります。しかし科学の研究はこの非常に速い変化に対応しきれていない面があります。当研究室では変化していく社会からの要請に応えるために脳の意思決定の研究を軸として、神経経済学、行動経済学、心理学などの個人を中心とした意思決定の分野とビッグデータなどを利用した集団の行動を対象とした意思決定の分野を統合した研究を行なっています。これにより社会の中における人間についての科学的な理解を促しその幸福(Well-Being)を促進することを目指しています。この様な人間の理解は時代を経ても変わらないものであり、正しい人間の理解を通じて急変していく社会において持続可能な社会システムの設計に寄与することが期待されます。この様なチャレンジングではありますが、基礎科学としても応用科学としても社会において重要な価値を創出していく研究を進めています。

研究主分野

  • 総合生物

研究関連分野

  • 情報学
  • 複合領域
  • 総合人文社会
  • 社会科学
  • 神経科学
  • 心理学
  • 脳科学

キーワード

  • 意思決定
  • 社会的ネットワーク
  • 採餌理論
  • 行動経済学
  • 信頼

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1.*Nagase, A.M., Onoda, K., Foo, J.C., Haji, T., Akaishi, R., Yamaguchi, S., Sakai, K. and Morita, K.:
    “Neural Mechanisms for Adaptive Learned Avoidance of Mental Effort”
    Journal of Neuroscience, 38, 2631-2651 (2018)
  • 2.*Eisenreich, B.R., Akaishi, R. and Hayden, B.Y.:
    “Control without controllers: toward a distributed neuroscience of executive control”
    Journal of cognitive neuroscience 29, 1684-1698 (2017)
  • 3.*Wittmann, M.K., Kolling, N., Akaishi, R., Chau, B.K., Brown, J.W., Nelissen, N. and Rushworth, M.F.:
    “Predictive decision making driven by multiple time-linked reward representations in the anterior cingulate cortex”
    Nature communications, 7, 12327 (2016)
  • 4.*Akaishi, R. and Hayden, B.Y.:
    “A spotlight on reward”
    Neuron, 90, 1148-1150 (2016)
  • 5.*Akaishi, R., Kolling, N., Brown, J.W. and Rushworth, M.:
    “Neural mechanisms of credit assignment in a multicue environment.”
    Journal of Neuroscience, 36, 1096-1112 (2016)
  • 6.*Akaishi, R., Umeda, K., Nagase, A. and Sakai, K.:
    “Autonomous mechanism of internal choice estimate underlies decision inertia”
    Neuron, 81, 195-206 (2014)
  • 7.*Akaishi, R., Ueda, N. and Sakai, K.:
    “Task-related modulation of effective connectivity during perceptual decision making: dissociation between dorsal and ventral prefrontal cortex.”
    Frontiers in human neuroscience, 7, 365 (2013)
  • 8.*Akaishi, R., Morishima, Y., Rajeswaren, V.P., Aoki, S. and Sakai, K.:
    “Stimulation of the frontal eye field reveals persistent effective connectivity after controlled behavior.”
    Journal of Neuroscience, 30, 4295-4305 (2010)
  • 9.*Soga, R., Akaishi, R. and Sakai, K.:
    “Predictive and postdictive mechanisms jointly contribute to visual awareness”
    Consciousness and cognition, 18, 578-592 (2009)
  • 10.*Morishima, Y., Akaishi, R., Yamada, Y., Okuda, J., Toma, K. and Sakai, K.:
    “Task-specific signal transmission from prefrontal cortex in visual selective attention”
    Nature neuroscience, 12, 85 (2009)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

赤石 れい
ユニットリーダー

メンバー

AGUILAR LLEYDA David
研究員
ZAJKOWSKI Wojciech
特別研究員
BADMAN Ryan Paul
基礎科学特別研究員
塩野 直子
アシスタント

採用情報

募集職種 応募締切
研究パートタイマー募集(W22094) ポストが決まり次第
研究パートタイマー募集(計算モデリング)(W21274) ポストが決まり次第
研究パートタイマー募集(社会的繋がり) (W21273) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
脳科学東研究棟
Tel: 048-462-1111
Fax: 048-467-6859
Email: rei.akaishi [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top