1. Home
  2. 広報活動
  3. イベント/シンポジウム
  4. イベント

理研DAY:研究者と話そう!「代謝の多様性が分かる最先端技術」

理研は、これまで科学技術館(東京都千代田区)で開催していた研究者と直接話ができるイベント「理研DAY:研究者と話そう!」を、新型コロナウィルスの感染拡大防止を考慮し、オンラインで開催することといたしました。

今回のテーマは「代謝の多様性が分かる最先端技術」です。ぜひご参加、ご視聴ください。

理研DAY

研究者って、どうやって研究をしているの?普段はどんな生活をしているの?
そんな疑問、質問を研究者に聞いてみませんか。

開催日 2020年7月31日(金)
時間 18:00-18:30
登壇者 津川裕司 研究員(環境資源科学研究センター メタボローム情報研究チーム
テーマ 代謝の多様性が分かる最先端技術
詳細 詳細はお知らせ(オンラインイベント 理研DAY:研究者と話そう!「代謝の多様性が分かる最先端技術」開催のお知らせ)をご覧ください。
対象 小学生~大学生、一般
視聴方法1

先着50名(研究者とのトークに参加できます)
事前申込制となっております。
ご希望の方は申込フォームよりご登録をお願いいたします。
視聴方法は後日お知らせします。

  • 本イベントはZoomを使います。初めてZoomを使う場合は、ZOOM Cloud Meetingsアプリのインストールが必要です。
視聴方法2 YouTubeでライブ配信予定。当日視聴可。
視聴URL : YouTube 理研DAY:研究者と話そう!「代謝の多様性が分かる最先端技術」
お問い合わせ 理化学研究所広報室
event-koho [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。
理研DAYの様子1
理研DAYの様子2

今後の予定

左右にスクロールできます

開催日 研究者 テーマ
第82回 2020年8月 前原 貴憲 計算機で解ける問題

これまでの開催情報

左右にスクロールできます

開催日 研究者 テーマ
第80回 2020年2月 桃沢 幸秀 命の設計図:ゲノムって何?
第79回 2020年1月 加藤 直樹 微生物がつくる薬の種
第78回 2019年12月 高峰 愛子 原子核を捕まえて光でみる
第77回 2019年10月 玉尾 皓平 「一家に1枚周期表」に込めた思い
第76回 2019年7月 林 哲太郎 細胞の個性をはかる
第75回 2019年6月 八木 清 計算機で観る(みる)タンパク質
第74回 2019年5月 今田 裕 分子をみる・はかる・動かす
第73回 2019年3月 Ade Irma Suriajaya
(アデ イルマ スリアジャヤ)
数のふしぎ
第72回 2019年2月 仲矢 由紀子 うごく細胞
第71回 2019年1月 磯村 拓哉 脳を数学で表現する
第70回 2018年12月 中林 亮 植物成分の発掘
第69回 2018年11月 熊倉 直祐 植物とカビのミクロな戦い
第68回 2018年10月 隅田 有人 ナノサイズのものづくり
第67回 2018年9月 加藤 雄一郎 ナノカーボン ~炭素だけで出来ているナノ物質~
第66回 2018年8月 横倉 祐貴 ブラックホールとブラックコーヒー
第65回 2018年7月 浜中 雅俊 AI(人工知能)と音楽
第64回 2018年6月 佐藤 多加之 『見る』の不思議
第63回 2018年5月 丹羽 節 『分子の作り方』の作り方
第62回 2018年3月 宮﨑 敦子 ドラムを叩いて認知症に喝!
第61回 2018年2月 高橋 栄治 アト秒レーザー
第60回 2018年1月 高橋 佳代 性格と脳内物質

過去の開催情報一覧

Top