1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 生命機能科学研究センター

生命機能科学研究センター 脳コネクトミクスイメージング研究チーム

チームリーダー 林 拓也(M.D., Ph.D.)

研究概要

林 拓也 (M.D., Ph.D.)

私たちの体は様々な臓器や細胞で構成されそれらの緊密な連携によって恒常的に生命機能を維持し、複雑な環境変化にも適応します。当ユニットは臓器間、細胞間連関がどのように構築され個体の恒常性が維持されるのか最先端の動的イメージング法によって明らかにします。特に神経系特有のネットワークの構造と活動様式から機能発現に至る過程を詳細に観察することで可塑性や再生のメカニズムを解明します。また動的イメージングバイオマーカーの開発により認知症やパーキンソン病などの神経変性疾患、社会性や自己制御の機能障害に関わる客観的評価法を開発し治療法の開発研究を支援します。

研究主分野

  • 神経科学 & 行動科学

研究関連分野

  • 工学
  • 臨床医学
  • 心理学 & 精神医学

研究テーマ

  • 可塑性機構と脳内ネットワーク再構築
  • 再生機構と脳内ネットワーク再構築
  • 脳疾患における脳内ネットワークの変容と制御
  • 社会性機構と脳内ネットワーク・神経伝達物質機構

主要論文

  • 1.Takenobu Y, Hayashi T, Moriwaki H, Nagatsuka K, Naritomi H, Fukuyama H.:
    “Motor recovery and microstructural change in rubro-spinal tract in subcortical stroke”
    Neuroimage Clin, 4, 201-208 (2014).
  • 2.Hayashi T, Onoe H.:
    “Neuroimaging for optimization of stem cell therapy in Parkinson's disease”
    Expert Opin Biol Ther, 13(12), 1631-1638 (2013).
  • 3.Yokoyama, C; Kawasaki, A; Hayashi, T; Onoe, H.:
    “Linkage Between the Midline Cortical Serotonergic System and Social Behavior Traits: Positron Emission Tomography Studies of Common Marmosets”
    Cereb Cortex, 23(9), 2136-2145 (2013).
  • 4.Hayashi T, Ko JH, Strafella AP, Dagher A.:
    “Dorsolateral prefrontal and orbitofrontal cortex interactions during self-control of cigarette craving”
    Proc Natl Acad Sci U S A, 110(11), 4422-4427 (2013).
  • 5.Hayashi T, Shimazawa M, Watabe H, Ose T, Inokuchi Y, Ito Y, Yamanaka H, Urayama S, Watanabe Y, Hara H, Onoe H.:
    “Kinetics of neurodegeneration based on a risk-related biomarker in animal model of glaucoma.”
    Mol Neurodegener, 18(8), 4 (2013).
  • 6.Hayashi T, Wakao S, Kitada M, Ose T, Watabe H, Kuroda Y, Mitsunaga K, Matsuse D, Shigemoto T, Ito A, Ikeda H, Fukuyama H, Onoe H, Tabata Y, Dezawa M.:
    “Autologous mesenchymal stem cell-derived dopaminergic neurons function in parkinsonian macaques.”
    J Clin Invest, 123(1), 272-284 (2013).
  • 7.Yokoyama C, Yamanaka H, Onoe K, Kawasaki A, Nagata H, Shirakami K, Doi H, Onoe H.:
    “Mapping of serotonin transporters by positron emission tomography with [11C]DASB in conscious common marmosets: comparison with rhesus monkeys.”
    Synapse.64(8):594-601 (2010)
  • 8.Wakao S, Hayashi T, Kitada M, Kohama M, Matsue D, Teramoto N, Ose T, Itokazu Y, Koshino K, Watabe H, Iida H, Takamoto T, Tabata Y, Dezawa M.:
    “Long-term observation of auto-cell transplantation in non-human primate reveals safety and efficiency of bone marrow stromal cell-derived Schwann cells in peripheral nerve regeneration.”
    Exp Neurol, 223(2), 537-547 (2010).
  • 9.Ikoma Y, Watabe H, Hayashi T, Miyake Y, Teramoto N, Minato K, Iida H.:
    “Measurement of density and affinity for dopamine D(2) receptors by a single positron emission tomography scan with multiple injections of [(11)C]raclopride.”
    J Cereb Blood Flow Metab, 30(3), 663-673 (2010).
  • 10.Takagi Y, Takahashi J, Saiki H, Morizane A, Hayashi T, Kishi Y, Fukuda H, Okamoto Y, Koyanagi M, Ideguchi M, Hayashi H, Imazato T, Kawasaki H, Suemori H, Omachi S, Iida H, Itoh N, Nakatsuji N, Sasai Y, Hashimoto N.:
    “Dopaminergic neurons generated from monkey embryonic stem cells function in a Parkinson primate model.”
    J Clin Invest, 115(1), 102-109 (2005).

関連リンク

その他の関連情報

メンバーリスト

主宰者

林 拓也
チームリーダー

メンバー

麻生 俊彦
副チームリーダー
横山 ちひろ
上級研究員
AUTIO Joonas
研究員
渡辺 恭介
研究員
川﨑 章弘
技師
武田 千穂
技師
合瀬 恭幸
専門技術員
大野 正裕
専門技術員
小林 玲子
テクニカルスタッフⅠ
広瀬 華子
人材派遣

採用情報

募集職種 応募締切
技師・テクニカルスタッフⅠ募集(BCI1902) ポストが決まり次第
上級研究員または研究員募集(BCI1801) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町6-7-3

交通アクセス

Email: takuya.hayashi [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top