1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 生命機能科学研究センター

生命機能科学研究センター 老化分子生物学研究チーム

チームリーダー 西田 栄介(Ph.D.)

研究概要

西田 栄介 (Ph.D.)

種間並びに個体間で差の大きい寿命あるいは老化速度が、種を超えた共通のメカニズムによって制御されていることが分かってきています。その共通の老化・寿命制御メカニズムの発見は、ごく小さい(1ミリ程度)モデル生物である線虫を用いた研究が契機となって明らかになってきました。老化・寿命は、『生まれ(遺伝的要因)』と『育ち(環境要因)』によって大きく影響を受けることが分かってきています。私たちの研究室では、主に線虫と小型魚類を材料として用い、老化・寿命制御の分子メカニズムの解析をしています。

研究主分野

  • 生物学

研究関連分野

  • 総合生物
  • 医歯薬学

キーワード

  • 組織間コミュニケーションによる老化速度制御機構の解明
  • エピゲノム修飾による老化速度制御機構の解明
  • エピゲノム変化の次世代への継承機構の解明

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1.*Ikeda, T., Uno, M., Honjoh, S. & Nishida, E.:
    "The MYST family histone acetyltransferase complex regulates stress resistance and longevity through transcriptional control of DAF-16/FOXO transcription factors."
    EMBO Reports 18(10), 1716-1726 (2017)doi:10.15252/embr.201743907
  • 2.*Kishimoto, S., Uno, M., Okabe, E. et al.:
    "Environmental stresses induce transgenerationally inheritable survival advantages via germline-to-soma communication in Caenorhabditis elegans."
    Nature Communications 8, 14031. (2017) doi:10.1038/ncomms14031
  • 3.*Miyatake, K., Kusakabe, M., Takahashi, C. & Nishida E.:
    "ERK7 regulates ciliogenesis by phosphorylating the actin regulator CapZIP in cooperation with Dishevelled."
    Nature Communications 6, 6666 (2015) doi:10.1038/ncomms7666
  • 4.*Takahashi, C., Kusakabe, M., Suzuki, T. et al.:
    "mab21-l3 regulates cell fate specification of multiciliate cells and ionocytes."
    Nature Communications 6, 6017 (2015) doi:10.1038/ncomms7017
  • 5.*Imajo, M., Ebisuya, M. & Nishida E.:
    "Dual role of YAP and TAZ in renewal of the intestinal epithelium."
    Nature Cell Biology 17(1), 7-19 (2015) doi:10.1038/ncb3084
  • 6.*Sunadome, K., Suzuki, T., Usui, M. et al.:
    "Antagonism between the Master "Regulators of Differentiation Ensures the Discreteness and Robustness of Cell Fates."
    Molecular Cell 54(3), 526-535 (2014) doi:10.1016/j.molcel.2014.03.005
  • 7.*Uno, M., Honjoh, S., Matsuda, M. et al.:
    "A fasting-responsive signaling pathway that extends life span in C. elegans."
    Cell Reports 3(1),79-91 (2013) doi:10.1016/j.celrep.2012.12.018
  • 8.*Okuyama, T., Inoue, H., Ookuma, S. et al.:
    "The ERK-MAPK pathway regulates longevity through SKN-1 and insulin-like signaling in Caenorhabditis elegans."
    Journal of Biological Chemistry 285(39), 30274-30281 (2010) doi:10.1074/jbc.M110.146274
  • 9.*Hanafusa, H., Matsumoto, K. & Nishida, E.:
    "Regulation of ERK activity duration by Sprouty contributes to dorsoventral patterning."
    Nature Cell Biology 11, 106-109 (2009) doi:10.1038/ncb1820
  • 10.Honjoh, S., Yamamoto, T., Uno, M. & Nishida, E.:
    "Signaling through RHEB-1 mediates intermittent fasting-induced longevity in C. elegans."
    Nature 457, 726-730 (2009) doi:10.1038/nature07583

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

西田 栄介
チームリーダー

メンバー

岸本 沙耶
研究員
髙橋 知佳
研究員
宇野 雅晴
研究員

採用情報

募集職種 応募締切
研究員または上級研究員(無期雇用職)募集(20K15) 2020年4月23日
研究員または上級研究員(無期雇用職)募集(20K18) 2020年4月23日

お問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町2-2-3
神戸地区 発生・再生研究棟
Email: eisuke.nishida [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top