1. Home
  2. 研究室紹介
  3. バイオリソース研究センター

バイオリソース研究センター iPS創薬基盤開発チーム

チームリーダー 井上 治久(M.D., Ph.D.)

研究概要

井上 治久 (M.D., Ph.D.)

理研BRCでは、様々な疾患の患者さんから樹立された疾患特異的iPS細胞をバイオリソースとして提供しています。疾患特異的iPS細胞を利活用することで、培養皿で疾患病態を再現し、疾患メカニズム解明・創薬開発を加速すると期待されています。当チームでは、理研BRCの世界最大規模の疾患特異的iPS細胞バンクの疾患特異的iPS細胞から、様々な器官の細胞を作成し、解析する方法を確立して来ました。疾患細胞の遺伝子発現、タンパク質発現、細胞機能などを解析し、病態解明・創薬開発のための基盤技術を開発しています。当チームは以下の3つのミッションを推進していきます。

  • バイオリソースセンターのiPS細胞を用いた創薬・病態研究の基盤技術の開発を行います。
  • 実用化・一般化を目指した創薬技術研究を先導致します。
  • アカデミア・企業とiPS細胞の橋渡しを進めます。

研究主分野

  • 医歯薬学

研究関連分野

  • 生物学

キーワード

  • 疾患モデル化
  • 創薬研究・技術開発
  • 疾患特異的iPS細胞

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1. *Ghee Wan Tan, Kondo T, Imamura K, Suga M, Enami T, Nagahashi A, Tsukita K, Inoue I, Kawaguchi J, Shu T, Inoue H.:
    "Simple derivation of skeletal muscle from human pluripotent stem cells using temperature-sensitive Sendai virus vector"
    Journal of Cellular and Molecular Medicine, DOI: 10.1111/jcmm.16899 (2021)
  • 2. Yada Y, Suga M, Shibukawa R, Sagara Y, Okanishi Y, Enami T, Tsukita K, Kondo T, Imamura K, Sugihara G, Murai T, Inoue H.:
    "Establishment of induced pluripotent stem cells from schizophrenia discordant fraternal twins"
    Stem Cell Research, 55: 102504, DOI: 10.1016/j.scr.2021.102504 (2021)
  • 3. Yada Y, Kondo T, Suga M, Tsukita K, Enami T, Shibukawa R, Sagara Y, Okanishi Y, Imamura K, Kihara T, Inoue H.:
    "Human induced pluripotent stem cells generated from a patient with idiopathic basal ganglia calcification"
    Stem Cell Research,53;102274, DOI: 10.1016/j.scr.2021.102274 (2021)
  • 4. Imamura K, Sakurai Y, Enami T, Shibukawa R, Nishi Y, Ohta A, Shu T, Kawaguchi J, Okada S, Hoenen T, Yasuda J, Inoue H.:
    "iPSC screening for drug repurposing identifies anti‐RNA virus agents modulating host cell susceptibility"
    FEBS open bio, DOI: 10.1002/2211-5463.13153, (2021)
  • 5. Imamura K, Yada Y, Izumi Y, Morita M, Kawata A, Arisato T, Nagahashi A, Enami T, Tsukita K, Kawakami H, Nakagawa M, Takahashi R, Inoue H.:
    "Prediction model of amyotrophic lateral sclerosis by deep learning with patient induced pluripotent stem cells"
    Annals of Neurology, 89(6):1226-1233, DOI:10.1002/ana.26047, (2021)
  • 6. Suzuki H, Egawa N, Kondo T, Imamura K, Enami T, Tsukita K, Suga M, Shibukawa R, Okanishi Y, Uchiyama T, Inoue H.:
    "Generation of a human induced pluripotent stem cell line derived from a Parkinson’s disease patient carrying SNCA duplication"
    Stem Cell Research, 45, doi.10.1016/j.scr.2020.101828, (2020)
  • 7. Kamata K, Otsuka Y, Imamura K, Oishi A, Kondo T, Suga M, Shibukawa R, Okanishi Y, Sagara Y, Tsukita K, Yasukawa T, Usui H, Muguruma K, Tsujikawa A, Inoue H.:
    "Generation of a human induced pluripotent stem cell line, BRCi005-A, derived from a Best disease patient with BEST1 mutations"
    Stem Cell Research, 45, doi:10.1016/j.scr.2020.101782, (2020)
  • 8. Kamata K, Otsuka Y, Imamura K, Oishi A, Kondo T, Suga M, Shibukawa R, Okanishi Y, Sagara Y, Tsukita K, Yasukawa T, Usui H, Muguruma K, Tsujikawa A, Inoue H.:
    "Generation of a human induced pluripotent stem cell line, BRCi004-A, derived from a patient with age-related macular degeneration"
    Stem Cell Research, 45, doi.10.1016/j.scr.2020.101787, (2020)
  • 9. Suga M, Kondo T, Inoue H.:
    "Modeling neurological disorders with human pluripotent stem cell-dervied astrocytes."
    International Journal of Molecular Sciences, doi: org/10.3390/ijms20163862, (2019)
  • 10. Suga M, Kondo T, Imamura K, Shibukawa R, Okanishia Y, Sagara Y, Tsukita K, Enami T, Furujo M, Saijo K, Nakamura Y, Osawa M, Saito MK, Yamanaka S, Inoue H.:
    "Generation of a human induced pluripotent stem cell line, BRCi001-A, derived from a patient with mucopolysaccharidosis type I."
    Stem Cell Research, 101406, doi:10.1016/j.scr.2019.101406, (2019)

研究成果(プレスリリース)

刊行物

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

井上 治久
チームリーダー

メンバー

菅 三佳
開発研究員
澁川 蘭
テクニカルスタッフⅡ
佐柄 友佳子
テクニカルスタッフⅡ
鈴木 英文
大学院生リサーチ・アソシエイト

採用情報

募集職種 応募締切
特別研究員または開発研究員募集(T21010) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台1-7
けいはんなプラザ ラボ棟7階
Email: Inoue-brc [at] ml.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top