1. Home
  2. 研究室紹介
  3. バトンゾーン研究推進プログラム

バトンゾーン研究推進プログラム ウイルス不活化LEDシステム研究チーム

チームリーダー 飯村 一樹
副チームリーダー 定 昌史 (Ph.D.)

研究概要

飯村 一樹チームリーダーの写真 定 昌史 (Ph.D.) 副チームリーダーの写真

紫外線は非接触、ノンケミカルで、耐性菌を生じることなくウイルスを不活化する特長を持ちます。とくに波長230 nm帯かそれより短波のFar UVC光は、高いウイルス不活化能力に加えて生体への安全性が高いことが指摘されており、有人環境下で使用可能なウイルス不活化光源として注目を集めています。私たちは、小型・堅牢・波長可変などの特長を持つLEDを用いたウイルス不活化システムの実現を目指します。

[連携先:株式会社ファームロイド]

研究主分野

  • 工学

研究関連分野

  • 結晶工学関連

キーワード

  • LED
  • 紫外線
  • ウイルス不活化
  • AlGaN

メンバーリスト

主宰者

飯村 一樹
チームリーダー

メンバー

定 昌史
副チームリーダー
KHAN Muhammad Ajmal
客員研究員
RANGARAJU Harshitha
客員技師

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1 研究本館111号室

Top