1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 主任研究員研究室等

主任研究員研究室 渡邉分子生理学研究室

主任研究員 渡邉 力也(Ph.D.)

研究概要

渡邉 力也 (Ph.D.)

当研究室では、生体分子の1分子計測を基盤とし、細胞および高次生命機能の理解を目指します。特に、異分野融合研究を推進することで、私たちの得意とする「1分子計測技術」を極限まで先鋭化させるとともに、生体分子1個、および、それらが構成する分子群がどのように生理機能を発揮するのか明らかにしたいと考えています。また、遺伝子変異、機能異常、疾患の相関関係を1分子レベルの感度、精度で理解する研究手法の開発も行い、生物学だけでなく医薬学にまたがる新知見の創出にも取り組みます。

研究主分野

  • 生物学

研究関連分野

  • 総合理工
  • 生物物理学
  • ナノマイクロシステム

キーワード

  • 膜タンパク質
  • 人工生体膜
  • 人工細胞
  • バイオ分析チップ
  • デジタルバイオ計測

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1. Shinoda, H., Taguchi, Y., Nakagawa, R., Makino, A., Okazaki, S., Nakano, M., Muramoto, Y., Takahashi, C., Takahashi, I., Ando, J., Noda, T., Nureki, O., Nishimasu, H., & Watanabe, R.:
    "Amplification-free RNA detection with CRISPR-Cas13"
    Commun. Biol. 4, 476 (2021)
  • 2. Sakamoto, S., Komatsu, T., Watanabe, R., Zhang, Y., Inoue, T., Kawaguchi, M., Nakagawa, H., Ueno, T., Okusaka, T., Honda, K., Noji, H., & Urano, Y.:
    "Multiplexed single-molecule enzyme activity analysis for counting disease-related proteins in biological samples"
    Sci. Adv. 6, eaay0888 (2020)
  • 3. *Watanabe, R., Sakuragi, T., Noji, H., & Nagata, S.:
    "Single molecule analysis of phospholipid scrambling by TMEM16F"
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 115, 3066-3071 (2018)
  • 4. *Abe, K., Katsuno, H., Toriyama, M., Baba, K., Mori, T., Hakoshima, T., Kanemura, Y., Watanabe, R., & Inagaki, N.:
    "Grip and slip of L1-CAM on adhesive substrates direct growth cone haptotaxis"
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 115, 2764-2769 (2018)
  • 5. *Watanabe, R., Soga, N., Hara, M., & Noji, H.:
    "Arrayed water-in-oil droplet bilayers for membrane transport analysis"
    Lab Chip 16, 3043-3048 (2016)
  • 6. *Watanabe, R., Soga, N., Fujita, D., Tabata, K. V., Yamauchi, L., Kim, SH., Asanuma, D., Kamiya, M., Urano, Y., Suga, H., & Noji, H.:
    "Arrayed lipid bilayer chambers allow single-molecule analysis of membrane transporter activity"
    Nat. Commun. 5, 4519 (2014)
  • 7. *Watanabe, R., & Noji, H.:
    "Timing of inorganic phosphate release modulates the catalytic activity of ATP-driven rotary motor protein"
    Nat. Commun. 5, 3486 (2014)
  • 8. *Watanabe, R., Tabata, KV., Iino, R., Ueno, H., Iwamoto, M., Oiki, S., & Noji, H.:
    "Biased Brownian stepping rotation of FoF1-ATP synthase driven by proton motive force"
    Nat. Commun. 4, 1631 (2013)
  • 9. *Watanabe, R., Okuno, D. Sakakihara, S. Shimabukuro, K. Iino, R. Yoshida, M. & Noji, H.:
    "Mechanical modulation of catalytic power on F1-ATPase"
    Nat. Chem. Biol. 1, 86-92 (2012)
  • 10. *Watanabe, R., Iino, R. & Noji, H.:
    "Phosphate release in F1-ATPase catalytic cycle follows ADP release."
    Nat. Chem. Biol. 6, 814-20 (2010)

研究成果(プレスリリース)

研究年次報告書

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

渡邉 力也
主任研究員

メンバー

安藤 潤
研究員
篠田 肇
研究員
木下 佳昭
基礎科学特別研究員
上田 智也
基礎科学特別研究員
牧野 麻美
テクニカルスタッフⅠ
飯田 龍也
テクニカルスタッフⅠ
吉村 麻実
テクニカルスタッフⅠ
高野 由加
アシスタント
村井 和枝
研究パートタイマーⅡ
森 真希子
事務パートタイマーⅠ

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1 生物科学研究棟S252
Email: rikiya.watanabe [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top