1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 生命機能科学研究センター

生命機能科学研究センター バイオコンピューティング研究チーム

チームリーダー 高橋 恒一(Ph.D.)

研究概要

高橋 恒一 (Ph.D.)

当チームでは、微生物から人体まで全ての生体の働きの基礎である生化学反応経路が細胞内の分子混雑などの特異な環境でいかに動作するのかを予測する細胞シミュレーションを次世代の生命科学の基幹技術の一つととらえ、グリーン関数反応動力学法や微視格子反応拡散法など、1分子粒度の細胞計算手法や細胞シミュレーション基盤ソフトウエアE-Cellの開発を行っています。また、細胞のような超複雑な対象のモデリングのため、人工知能や機械学習技術の応用にも取り組んでいます。

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1.Yachie, N., Robotic Biology Consortium (including Takahashi K), & Natsume, T.:
    "Robotic crowd biology with Maholo LabDroids"
    Nat. Biotechnol. 35, 310-312 (2017)
  • 2.Iwamoto, K., Shindo, Y., & Takahashi, K.:
    "Modeling Cellular Noise Underlying Heterogeneous Cell Responses in the Epidermal Growth Factor Signaling Pathway"
    PLoS Comput. Biol. 12(11), e1005222 (2016)
  • 3.Shindo, Y., Iwamoto, K., Mouri, K., Hibino, K., Tomita, M., et al.:
    "Conversion of graded phosphorylation into switch-like nuclear translocation via autoregulatory mechanisms in ERK signalling"
    Nat. Commun. 7, 10485 (2016)
  • 4.Takahashi, K., Itaya, K., Nakamura, M., Koizumi, M., Arakawa, N., et al.:
    "A generic software platform for brain-inspired cognitive computing"
    Proc Comput Sci (2015)
  • 5.Karr, J. R., Takahashi, K. & Funahashi, A.:
    "The principles of whole-cell modeling"
    Curr. Opin. Microbiol. 27, 18-24 (2015)
  • 6.Watabe, M., Arjunan, S. N. V., Fukushima, S., Iwamoto, K., Kozuka, J., et al.:
    "A Computational Framework for Bioimaging Simulation"
    PLoS One 10, e0130089 (2015)
  • 7.Shimo, H., Arjunan, S. N. V., Machiyama, H., Nishino, T., Suematsu, M., et al.:
    "Particle Simulation of Oxidation Induced Band 3 Clustering in Human Erythrocytes"
    PLoS Comput. Biol. 11, UNSP e1004 (2015)
  • 8.Kaizu, K., Ronde, W., Paijmans, J., Takahashi, K., Tostevin, F. & Wolde, P. R.:
    "The Berg-Purcell Limit Revisited"
    Biophys. J. 106, 976-985 (2014)
  • 9.Hihara, S., Pack, C., Kaizu, K., Tani, T., Hanafusa, T., et al.:
    "Local Nucleosome Dynamics Facilitate Chromatin Accessibility in Living Mammalian Cells"
    Cell Reports 2, 1645-1656 (2012)
  • 10.*Takahashi, K., Tanase-Nicola, S. & Wolde, P. R.:
    "Spatio-temporal correlations can drastically change the response of a MAPK pathway"
    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 107, 2473-2478 (2010)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

高橋 恒一
チームリーダー

メンバー

海津 一成
上級研究員
ARJUNAN Satya Nanda Vel
研究員
渡部 匡己
研究員
西田 孝三
テクニカルスタッフⅠ
CHEW Wei Xiang
国際プログラム・アソシエイト

採用情報

募集職種 応募締切
研究員、リサーチアソシエイト、またはテクニカルスタッフ募集(BIC1801) ポストが決まり次第
研究員、リサーチアソシエイト、またはテクニカルスタッフ募集(BIC1802) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

Email: ktakahashi [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top