1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 生命医科学研究センター

生命医科学研究センター 細胞機能変換技術研究チーム

チームリーダー 鈴木 治和(Ph.D.)

研究概要

鈴木 治和 (Ph.D.)

遺伝子発現は転写制御ネットワークとDNAメチル化をはじめとするエピゲノムが複雑に相互作用することによって統合的に制御されています。我々は、特定の転写因子によるDNA脱メチル化誘導とその役割、DNAメチル化制御因子の異常を切り口とした疾患発症メカニズム、上皮間葉転換メカニズムと関連疾患、生殖細胞の分化メカニズムなどの様々な方向からの研究を通じて、生命現象や関連疾患の理解や新たな技術の開発を達成し、また、疾患治療につながる細胞機能変換を目指しています。

研究テーマ:

  • 特定の転写因子によるDNA脱メチル化誘導とその役割
  • DNAメチル化制御因子の異常を切り口とした疾患発症メカニズム
  • 上皮間葉転換メカニズムと関連疾患
  • 殖細胞の分化メカニズム

研究主分野

  • 総合生物

研究関連分野

  • 生物学 & 生化学
  • 分子生物 & 遺伝学

キーワード

  • トランスクリプトーム
  • 転写制御ネットワーク
  • エピゲノム
  • バイオテクノロジー
  • ゲノム生物学

主要論文

  • 1. Yoshino, T., Suzuki, T., Nagamatsu, G., Yabukami, H., Ikegaya, M., Kishima, M., Kita, H., Imamura, T., Nakashima, K., Nishinakamura, R., Tachibana, M., Inoue, M., Shima, Y., Morohashi, K., and Hayashi K. 
    "Generation of ovarian follicles from mouse pluripotent stem cells
    Science 373(6552):eabe0237 (2021)
  • 2. Suzuki T, Furuhata E, Maeda S, Kishima M, Miyajima Y, Tanaka Y, Lim J, Nishimura H, Nakanishi Y, Shojima A, Suzuki H.
    "Master Transcription Factors Regulate the DNA Methylation Landscape During Hepatocyte Differentiation."
    bioRxiv, (2020)
    10.1101/2020.12.16.423165
  • 3. Nakano R, Kitanaka T, Namba S, Kitanaka N, Sato M, Shibukawa Y, Masuhiro Y, Kano K, Matsumoto T, Sugiya H.
    "All-trans retinoic acid induces reprogramming of canine dedifferentiated cells into neuron-like cells.
    PLOS ONE, 15, e0229892 (2020)
  • 4. Pervolarakis N, Nguyen QH, Williams J, Gong Y, Gutierrez G, Sun P, Jhutty D, Zheng GXY, Nemec CM, Dai X, Watanabe K, Kessenbrock K."
    "Integrated Single-Cell Transcriptomics and Chromatin Accessibility Analysis Reveals Regulators of Mammary Epithelial Cell Identity."
    Cell Rep., 33, 108273 (2020)
  • 5. Watanabe K, Panchy N, Noguchi S, Suzuki H, Hong T.
    "Combinatorial perturbation analysis reveals divergent regulations of mesenchymal genes during epithelial-to-mesenchymal transition."
    NPJ Syst Biol Appl. 2019 Jun 14;5:21.
  • 6. Watanabe K, Liu Y, Noguchi S, Murray M, Chang JC, Kishima M, Nishimura H, Hashimoto K, Minoda A, Suzuki H.
    "OVOL2 induces mesenchymal-to-epithelial transition in fibroblasts and enhances cell-state reprogramming towards epithelial lineages."
    Sci Rep. 2019 Apr 24;9(1):6490.
  • 7. Guler R, Mpotje T, Ozturk M, Nono JK, Parihar SP, Chia JE, Abdel Aziz N, Hlaka L, Kumar S, Roy S, Penn-Nicholson A, Hanekom WA, Zak DE, Scriba TJ, Suzuki H, Brombacher F.
    "Batf2 differentially regulates tissue immunopathology in Type 1 and Type 2 diseases."
    Mucosal Immunol. 2019 Mar;12 (2):390-402.
  • 8. Roy S, Schmeier S, Kaczkowski B, Arner E, Alam T, Ozturk M, Tamgue O, Parihar SP, Kawaji H, Itoh M, Lassmann T, Carninci P, Hayashizaki Y, Forrest ARR, Guler R, Bajic VB, Brombacher F, Suzuki H.
    "Transcriptional landscape of Mycobacterium tuberculosis infection in macrophages."
    Sci Rep. 2018 Apr 30;8(1):6758
  • 9. Suzuki T, Shimizu Y, Furuhata E, Maeda S, Kishima M, Nishimura H, Enomoto S, Hayashizaki Y and Suzuki H.
    "RUNX1 regulates site-specificity of DNA demethylation by recruitment of DNA demethylation machineries in hematopoietic cells."
    Blood Advance, 2017, 1, 1699-1711.
  • 10. Suzuki T, Maeda S, Furuhata E, Shimizu Y, Nishimura H, Kishima M, Suzuki H.
    "A screening system to identify transcription factors that induce binding site-directed DNA demethylation."
    Epigenetics Chromatin. 2017 Dec 8;10(1):60.

研究成果(プレスリリース)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

鈴木 治和
チームリーダー

メンバー

鈴木 貴紘
上級研究員
渡邉 和秀
上級研究員
LI Jing-Ru
研究員
宮島 優里奈
特別研究員
藪上 春香
テクニカルスタッフⅠ
木嶋 真美
テクニカルスタッフⅠ
中西 友理
テクニカルスタッフⅠ
降籏 絵里奈
テクニカルスタッフⅠ
前田 紫緒里
テクニカルスタッフⅠ

採用情報

募集職種 応募締切
研究員、特別研究員またはリサーチアソシエイト募集(IMS102-2201) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22
Email: harukazu.suzuki [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top