1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 生命医科学研究センター

生命医科学研究センター 応用ゲノム解析技術研究チーム

チームリーダー 岡崎 康司(M.D., Ph.D.)

研究概要

岡崎 康司 (M.D., Ph.D.)

疾患の病態解明を目指したオミックス解析を行うと共に、機能ゲノミクスを用いて、各種細胞・組織の恒常性機能を破綻させる疾患発症メカニズムを理解することで、新たなゲノム創薬手法の開発、創薬標的の発見、ゲノム医療実現のためのエビデンス創出を目指す研究活動を行っています。また、当研究チームで培った技術を強みとし、理研独自の転写開始点解析技術(CAGE)やエピゲノム解析など、最先端のゲノム及びトランスクリプトーム解析技術を通じて医科学研究に貢献していきます。

研究主分野

  • 医歯薬学

研究関連分野

  • 情報学
  • 生物学

キーワード

  • ミトコンドリア病
  • バイオインフォマティクス
  • 遺伝病

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1. Ramilowski J, Yip CW, et al.
    "Functional Annotation of Human Long Non-Coding RNAs via Molecular Phenotyping."
    bioRxiv, 700864(2019) doi.org/10.1101/700864
  • 2. Yuuri Yasuoka
    "Enhancer Evolution in Chordates: Lessons from Functional Analyses of Cephalochordate Cis-Regulatory Modules."
    Development, Growth & Differentiation, in press doi: 10.1111/dgd.12684
  • 3. Yuuri Yasuoka
    "Morphogenetic Mechanisms Forming the Notochord Rod: the Turgor Pressure-Sheath Strength Model."
    Development, Growth & Differentiation, in press doi: 10.1111/dgd.12665
  • 4. Yuuri Yasuoka
    "Evolution of cis-regulatory modules for the head organizer gene goosecoid in chordates: comparisons between Branchiostoma and Xenopus."
    Zoological Letters, 5,27 (2019)
  • 5. *Borna NN, Kishita Y, Kohda M, Lim SC, Shimura M, Wu Y, Mogushi K, Yatsuka Y, Harashima H, Hisatomi Y, Fushimi T, Ichimoto K, Murayama K, Ohtake A, Okazaki Y
    "Mitochondrial ribosomal protein PTCD3 mutations cause oxidative phosphorylation defects with Leigh syndrome."
    Neurogenetics 20, 9-25(2019)
  • 6. Hashimoto K, Kouno T, Ikawa T, Hayatsu N, Miyajima Y, Yabukami H, Terooatea T, Sasaki T, Suzuki T, Valentine M, Pascarella G, Okazaki Y, Suzuki H, Shin Y, Minoda A, Taniuchi I, Okano H, Arai Y, Hirose N, Carninci P
    "Single-cell transcriptomics reveals expansion of cytotoxic CD4 T cells in supercentenarians."
    Proc Nat Acad Sci 116, 24242-24251(2019)
  • 7. Yoshida S, Kim S, Wafula EK, Tanskanen J, Kim YM, Honaas L, Yang Z, Spallek T, Conn CE, Ichihashi Y, Cheong K, Cui S, Der JP, Gundlach H, Jiao Y, Hori C, Ishida JK, Kasahara H, Kiba T, Kim MS, Koo N, Laohavisit A, Lee YH, Lumba S, McCourt P, Mortimer JC, Mutuku JM, Nomura T, Sasaki-Sekimoto Y, Seto Y, Wang Y, Wakatake T, Sakakibara H, Demura T, Yamaguchi S, Yoneyama K, Manabe RI, Nelson DC, Schulman AH, Timko MP, dePamphilis CW, Choi D, Shirasu K
    "Genome Sequence of Striga asiatica Provides Insight into the Evolution of Plant Parasitism."
    Curr Biol. 29(18), 3041-3052.e4.(2019) doi: 10.1016/j.cub.2019.07.086.
  • 8. Sriswasdi S, Takashima M, Manabe RI, Ohkuma M, Iwasaki W
    "Genome and transcriptome evolve separately in recently hybridized Trichosporon fungi."
    Commun Biol. 2,263(2019) doi: 10.1038/s42003-019-0515-2.
  • 9. Takashima M, Manabe RI, Ohkuma M
    "Draft Genome Sequences of Basidiomycetous Epiphytic Phylloplane Yeast Type Strains Dioszegia crocea JCM 2961 and Dioszegia aurantiaca JCM 2956."
    Microbiol Resour Announc. 8(26) pii: e01727-18(2019) doi: 10.1128/MRA.01727-18.
  • 10. Takashima M, Manabe RI, Nishimura Y, Endoh R, Ohkuma M, Sriswasdi S, Sugita T, Iwasaki W
    "Recognition and delineation of yeast genera based on genomic data: Lessons from Trichosporonales."
    Fungal Genet Biol. 130, 31-42(2019) doi: 10.1016/j.fgb.2019.04.013.

研究成果(プレスリリース)

イベント・シンポジウムなど

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

岡崎 康司
チームリーダー

メンバー

尾崎 心
副チームリーダー
竹田 忠行
上級研究員
眞鍋 理一郎
上級研究員
田上 道平
上級技師
安岡 有理
研究員
早津 徳人
研究員
萩原 裕子
研究員
川島 麗
技師
野間 将平
技師
平田 智子
技師
山本 由美子
技師
稲波 博男
技師
髙橋 知登世
テクニカルスタッフⅠ
木下 紘子
テクニカルスタッフⅠ
森次 望美
テクニカルスタッフⅠ

採用情報

募集職種 応募締切
上級研究員・研究員・特別研究員・リサーチアソシエイト募集(IMS110-1901) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22 西研究棟 4F W403
Tel: 045-503-9237
Fax: 045-503-9216
Email: LSA-support [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top