1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 放射光科学研究センター
  4. 利用技術開拓研究部門

放射光科学研究センター 生体機構研究グループ

グループディレクター 米倉 功治(Ph.D.)

研究概要

米倉 功治 (Ph.D.)

当グループは、クライオ電子顕微鏡(EM)による生体超分子複合体、膜蛋白質などの構造解析、及び解析手法の開発を進めています。単粒子解析では、試料を結晶化することなく、いろいろな溶液条件下で構造を明らかにできます。新型クライオ電子顕微鏡システムを用いて世界最高の空間分解能の構造解析が達成できた他、蛋白質の構造変化を捉えることにも成功しました。また、電子線回折(ED)では、蛋白質のみならず低・中分子の微小な結晶を扱え、これまで解析対象にならなかった試料の範囲を大幅に広げることができました。後者では、原子一つ一つを可視化できる分解能の構造が得られています。SPring-8/SACLAを相補的に利用し、より高度な解析を進めます。

研究主分野

  • 生物学

研究関連分野

  • 化学
  • 生物科学
  • 物理学

キーワード

  • クライオEM
  • 高分解能単粒子解析
  • 電子線三次元結晶構造解析、マイクロED
  • 膜蛋白質
  • 超分子複合体

主要論文

  • 1. Hamaguchi T., Maki-Yonekura S., Naitow H., Matsuura Y., Ishikawa T. and Yonekura K.:
    "A new cryo-EM system for single particle analysis"
    J. Structl. Biol. 207: 40-48 (2019).
  • 2. Yonekura K., Ishikawa T. and Maki-Yonekura S.:
    "A new cryo-EM system for electron 3D crystallography"
    J. Structl. Biol. 206: 243-253 (2019).
  • 3. Guzman-Afonso C., Hong Y.-L., Colaux H., Iijima H., Saitow A., Fukumura T., Aoyama Y., Motoki S., Oikawa T., Yamazaki T., Yonekura K. and Nishiyama Y.:
    "Understanding hydrogen bonding structure of molecular crystals by electron-and NMR-nanocrystallography"
    Nat. Commun. 10: 3537 (2019).
  • 4. Maki-Yonekura S., Matsuoka R., Yamashita, Y., Shimizu H., Tanaka M., Iwabuki F. and Yonekura K.:
    "Hexameric and pentameric complexes of the ExbBD energizer in the Ton system"
    eLife 7: e35419. doi: 10.7554/eLife.35419 (2018).
  • 5. Yonekura K., Matsuoka R., Yamashita Y., Yamane T., Ikeguchi M., Kidera A. and Maki-Yonekura S.:
    "Ionic scattering factors of atoms composing biological molecules"
    IUCrJ 5: 348 - 353. doi: 10.1107/S2052252518005237 (2018).
  • 6. Yonekura K. and Maki-Yonekura S.:
    "Refinement of cryo-EM structures using scattering factors of charged atoms"
    J. Appl. Cryst. 49: 1517?1523 (2016).
  • 7. Yonekura K., Kato K., Ogasawara M., Tomita M. and Toyoshima C.:
    "Electron crystallography of ultra-thin 3D protein crystals: atomic model with charges"
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 112: 3368-3373, (2015).
  • 8. Maki-Yonekura S., Yonekura K. and Namba K.:
    "Conformational change of flagellin for polymorphic supercoiling of the flagellar filament"
    Nat. Struct. Mol. Biol. 17: 417-422 (2010).
  • 9. Yonekura K., Maki-Yonekura S. and Namba K.:
    "Complete atomic model of the bacterial flagellar filament by electron cryomicroscopy"
    Nature 424, 623-650 (2003).
  • 10. Yonekura K., Maki S., Morgan D. G., DeRosier D.J., Vonderviszt F., Imada K. and Namba K.:
    "The bacterial flagellar cap as the rotary promoter of flagellin self-assembly"
    Science 290: 2148-2152 (2000).

研究成果(プレスリリース)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

米倉 功治
グループディレクター

メンバー

内藤 久志
先任研究員
濵口 祐
研究員
川上 恵典
研究員
高場 圭章
特別研究員

採用情報

募集職種 応募締切
特別研究員または研究員募集 ポストが決まり次第
特別研究員または研究員募集 ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒679-5148 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
Email: yone [at] spring8.or.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top