1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 仁科加速器科学研究センター

仁科加速器科学研究センター RI物理研究室

室長 櫻井 博儀(D.Sci.)

研究概要

櫻井 博儀 (D.Sci.)

本研究室は「RIビームファクトリー」での実験プログラムを先導しており、安定核に比べ陽子、中性子が極端に多い不安定核を生成し、そのエキゾチックな核構造とダイナミクスを明らかにしています。高速不安定核ビームを活かした新実験手法を開発し、エキゾチック核の新しい現象・性質の発見を目指しています。研究課題は、中性子過剰核の殻進化、r-過程、非対称核物質の状態方程式です。インビームガンマ分光、崩壊分光、重イオン衝突実験の国際コラボレーションを主導し、次世代ガンマ線検出器のフォーラムを立ち上げています。

研究主分野

  • 数物系科学

研究関連分野

  • 総合理工

キーワード

  • 不安定核ビーム
  • エキゾチック原子核
  • ガンマ分光
  • 重イオン反応

主要論文

  • 1.Wang H., Otsu H., Sakurai H., et al.:
    "Spallation reaction study for fission products in nuclear waste: Cross section measurements for Cs-137 and Sr-90 on proton and deuteron"
    Phys. Lett. B 754, 104-108 (2016)
  • 2.Shane R., McIntosh A.B., Isobe T., et al.:
    "S pi RIT: A time-projection chamber for symmetry-energy studies"
    Nucl. Instrum. Methods A 784, 513-517 (2015)
  • 3.Lorusso G., Nishimura S., et al:
    "beta-Decay Half-Lives of 110 Neutron-Rich Nuclei across the N=82 Shell Gap: Implications for the Mechanism and Universality of the Astrophysical r Process"
    Phys. Rev. Lett. 114, 192501 (2015)
  • 4.Steppenbeck D., et al.
    "Evidence for a new nuclear 'magic number' from the level structure of Ca-54"
    Nature 502, 207 (2013)
  • 5.Nishimura S., Li Z, Watanabe H., Yoshinaga K, et al.:
    "Beta-Decay Half-Lives of Very Neutron-Rich Kr to Tc Isotopes on the Boundary of the r-Process Path: An Indication of Fast r-Matter Flow"
    Phys. Rev. Lett. 106, 052502 (2011)
  • 6.Doornenbal P, Scheit H, Aoi N, Takeuchi S, et al.:
    "Spectroscopy of Ne-32 and the "Island of Inversion""
    Phys. Rev. Lett. 103, 152503 (2009)
  • 7.Suzuki D., Iwasaki H., Otsu H., et al.:
    "Breakdown of the Z=8 Shell Closure in Unbound O-12 and its Mirror Symmetry"
    Phys. Rev. Lett. 103, 152503 (2009)
  • 8.Ong, H. J., Imai, N., Suzuki D., Iwasaki H., Sakurai H., Onishi T.K., Suzuki M.K., Ota S., Takeuchi S., Nakao T., et al.:
    "Lifetime measurements of first excited states in C-16, C-18"
    Physical Review C 78, 014308 (2008)
  • 9.Yoneda K., Sakurai H. et al.:
    "Deformation of 34Mg studied via in-beam -ray spectroscopy using RI beam fragmentation"
    Physics Letters B 499, 233-237 (2001).
  • 10.Sakurai, H., Lukyanov, S.M., Notani, M., Aoi, N., Beaumel, D., Fukuda, N., Hirai, M., Ideguchi, E., Imai, N., Ishihara, M., Iwasaki, H., Kubo, T., Kusaka, K., Kumagai, H., Nakamura, T., Ogawa, H., Penionzhkevich, Yu.E., Teranishi, T., Watanabe, Y.X., Yone.:
    "Evidence for particle stability of 31F and particle instability of 25N and 28O"
    Physics Letters B 448, 180-184 (1999).

研究成果(プレスリリース)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

櫻井 博儀
室長

メンバー

中井 陽一
専任研究員
小濱 洋央
専任研究員
磯部 忠昭
専任研究員
DOORNENBAL Pieter Christiaan
専任研究員
西村 俊二
先任研究員
鈴木 大介
研究員
岸田 隆
客員研究員
渡邉 寛
客員研究員
LORUSSO Giuseppe
客員研究員
LEE Hiu Ching
客員研究員
SOEDERSTROEM Paer-Anders
客員研究員
市原 卓
特別嘱託研究員

採用情報

募集職種 応募締切
パートタイマー募集(W19191) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
仁科RIBF棟

sakurai [at] ribf.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top