1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 環境資源科学研究センター

環境資源科学研究センター バイオ高分子研究チーム

チームリーダー 沼田 圭司(Ph.D.)

研究概要

沼田 圭司 (Ph.D.)

酵素、光合成細菌および植物を用いて、バイオマスからバイオポリマーを効率良く生産するシステムを開発します。酵素やオルガネラを合目的に高性能化することにより、高効率かつ合理的にバイオマスを資源化する反応システムの構築を目指します。また、高分子科学に基づき材料設計することで、構造材料もしくは機能材料として利用可能な新規ポリアミド(ポリアミノ酸)を創出します。

研究主分野

  • 工学

研究関連分野

  • 化学
  • 総合生物
  • 農学

キーワード

  • ポリペプチド
  • 構造タンパク質
  • 酵素重合
  • 海洋性光合成細菌
  • オルガネラ工学

主要論文

  • 1.Kosuke Tsuchiya, Keiji Numata.:
    "Chemoenzymatic synthesis of polypeptides as functional and structural materials"
    Macromolecular Bioscience, in press.
  • 2.Kenjiro Yazawa, Joan Gimenez-Dejoz, Hiroyasu Masunaga, Takaaki Hikima, Keiji Numata.:
    "Chemoenzymatic synthesis of a peptide containing nylon monomer units for thermally processable peptide material application"
    Polymer Chemistry, in press.
  • 3.Kousuke Tsuchiya, Keiji Numata.:
    "Chemoenzymatic synthesis of polypeptides containing the unnatural amino acid 2-aminoisobutyric acid"
    Chemical Communications, Volume 53, pp7318-7321, 2017.
  • 4.Keiji Numata, Nao Ifuku, Hiroyasu Masunaga, Takaaki Hikima, Takamasa Sakai.:
    "Silk resin with hydrated dual chemical-physical crosslinks achieves high strength and toughness"
    Biomacromolecules, Volume 6, pp 1937-1946, 2017.
  • 5.Ting-Yu Lin, Hiroyasu Masunaga, Ryota Sato, Ali D. Malay, Kiminori Toyooka, Takaaki Hikima, Keiji Numata.:
    "Liquid crystalline granules align in a hierarchical structure to produce spider dragline microfibrils"
    Biomacromolecules, Volume 18(4), pp1350–1355, 2017.
  • 6.Kousuke Tsuchiya, Hiroyasu Masunaga, Keiji Numata.:
    "Tensile reinforcement of silk films by the addition of telechelic-type polyalanine"
    Biomacromolecules, Volume 18(3), pp1002–1009, 2017.
  • 7.Kousuke Tsuchiya, Keiji Numata.:
    "Chemical synthesis of multiblock copolypeptides inspired by spider dragline silk proteins"
    ACS Macro Letters, Volume 6, pp103–106, 2017.
  • 8.Takeshi Yoshizumi, Miwa Yamada, Mieko Higuchi-Takeuchi, Ken’ichiro Matsumoto, Seiichi Taguchi, Minami Matsui, Keiji Numata.:
    "Sucrose supplementation suppressed the growth inhibition in polyhydroxyalkanoate-producing plants"
    Plant Biotechnology, Volume 34, 1 pp39-43, 2017.
  • 9.Chayatip Insomphun, Jo-Ann Chuah, Shingo Kobayashi, Tetsuya Fujiki, Keiji Numata.:
    "Influence of hydroxyl groups on the cell viability of polyhydroxyalkanoate (PHA) scaffolds for tissue engineering"
    ACS Biomaterials Science and Engineering, in press.
  • 10.Jo-Ann Chuah, Akimasa Matsugami, Fumiaki Hayashi, Keiji Numata.:
    "Self-Assembled Peptide-Based System for Mitochondrial-Targeted Gene Delivery: Functional and Structural Insights"
    Biomacromolecules, Volume 17(11), pp3547–3557, 2016.

研究成果(プレスリリース)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

沼田 圭司
チームリーダー

メンバー

MALAY Ali Andres Defrance
研究員
樋口 美栄子
研究員
YILMAZ Neval
研究員
小田原 真樹
研究員
OKTAVIANI Nur Alia
基礎科学特別研究員
宮本 昂明
特別研究員
THAGUN Chonprakun
特別研究員
GIMENEZ DEJOZ Joan
特別研究員
緑川 景子
特別研究員
渡邊 健太
特別研究員
MOREY Shamitha Rao
特別研究員
LAW Simon Sau Yin
特別研究員
CRAIG Hamish Cameron
特別研究員
SRISAWAT Pisanee
特別研究員
CHEN Jianming
特別研究員
ARA Most Tanziman
特別研究員
LIOU Geoffrey
特別研究員
元田 容子
テクニカルスタッフⅠ
堀井 陽子
テクニカルスタッフⅠ
立石 綾香
テクニカルスタッフⅠ
伊丹 順
テクニカルスタッフⅠ
太刀川 久美子
テクニカルスタッフⅡ

採用情報

募集職種 応募締切
特別研究員募集(W20108) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1

交通アクセス

Email: keiji.numata [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top