1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 生命医科学研究センター

生命医科学研究センター 粘膜システム研究チーム

チームリーダー 大野 博司(M.D., Ph.D)

研究概要

大野 博司 (M.D., Ph.D)

当研究グループは、腸管免疫系の研究、特に、細菌やウイルスなどの腸内巨大分子抗原の取り込みに特化した特殊な腸管上皮サブセットであるM細胞の機能と分化のメカニズムの解明に焦点を当てて研究を薦めています。また、腸内常在細菌叢である腸内フローラが宿主との相互作用により、宿主の生理や病理にどのような影響を及ぼすかについても研究しています。

研究主分野

  • 免疫学

研究関連分野

  • 生物学 & 生化学
  • 分子生物 & 遺伝学
  • 微生物学

キーワード

  • 腸管上皮細胞
  • M細胞
  • 宿主ー腸内細菌相互作用
  • 腸管免疫系

主要論文

  • 1. Takeuchi T, Miyauchi E, Kanaya T, Kato T, Nakanishi Y, Watanabe T, Kitami T, Taida T, Sasaki T, Negishi H, Shimamoto S, Matsuyama A, Kimura I, Williams IR,Ohara O, Ohno H.:
    "Acetate differentially regulates IgA reactivity to commensal bacteria."
    Nature 595(7868):560-564, 2021.
  • 2. Miyauchi E, Kim S-W, Suda W, Kawasumi M, Onawa S, Taguchi-Atarashi N, Morita M, Taylor TD, Hattori M, Ohno H.:
    "Gut microbes act in concert to exacerbate inflammation in spinal cords."
    Nature 585(7823): 102-106, 2020.
  • 3. Satoh-Takayama N, Kato T, Motomura Y, Kageyama T, Taguchi-Atarashi N, Kinoshita-Daitoku R, Kuroda E, Di Santo JP, Mimuro H, Moro K, Ohno H.:
    "Bacteria-Induced Group 2 Innate Lymphoid Cells in the Stomach Provide Immune Protection through Induction of IgA."
    Immunity 52(4):635-649.e4, 2020.
  • 4. Tamaura M, Satoh-Takayama N, Tsumura M, Sasaki T, Goda S, Kageyama T, Hayakawa S, Kimura S, Asano T, Nakayama M, Koseki H, Ohara O, 7, Okada S, Ohno H, Kobayashi M.:
    "Human Gain-of-Function STAT1 Mutation disturbs IL-17 Immunity in Mice."
    Int Immunol 32(4):259-272, 2020.
  • 5. Hara S, Sasaki T, Satoh-Takayama N, Kanaya T, Kato T, Takikawa Y, Takahashi M, Tachibana N, Kim KS, Surh CD, Ohno H.:
    "Dietary Antigens Induce Germinal Center Responses in Peyer's Patches and Antigen-Specific IgA Production."
    Front Immunol. 10:2432, 2019.
  • 6. Kanaya, T., Sakakibara, S., Jinnohara, T., Hachisuka, M., Tachibana, N., Hidano, S., Kobayashi, T., Kimura, S., Iwanaga, T., Nakagawa, T., Katsuno, T., Kato, N., Akiyama, T., Sato, T., Williams, I. R., Ohno, H.:
    "Development of intestinal M cells and follicle-associated epithelium is regulated by TRAF6-mediated NF-kB signaling."
    J. Exp. Med. 215:501-519, 2018.
  • 7. Date Y, Ebisawa M, Fukuda S, Shima H, Obata Y, Takahashi D, Kato T, Hanazato M, Nakato G, Williams IR, Hase K, Ohno H.:
    "NALT M cells are important for immune induction for the common mucosal immune system."
    Int. Immunol. 29(10): 471-478, 2017.
  • 8. Yanagihara S, Kanaya T, Fukuda S, Nakato G, Hanazato M, Wu XR, Yamamoto N, Ohno H.:
    "Uromodulin-SlpA binding dictates Lactobacillus acidophilus uptake by intestinal epithelial M cells."
    Int. Immunol. 29: 357-363, 2017.
  • 9. Shimokawa, C., Kanaya, T., Hachisuka, M., Ishiwata, K., Hisaeda, H., Kurashima, Y., Kiyono, H., Yoshimoto, T., Kaisho, T., Ohno, H.:
    "Mast cells are crucial for induction of group 2 innate lymphoid cells and clearance of helminth infections."
    Immunity 46: 863-874, 2017.
  • 10. Jinnohara, T., Kanaya, T., Hase, K., Sakakibara, S., Kato, T., Tachibana, N., Sasaki, T., Hashimoto, Y., Sato, T., Watarai, H., Kunisawa, J., Shibata, N., Williams, I. R., Kiyono, H., Ohno, H.:
    "IL-22BP dictates characteristics of Peyer’s patch follicle-associated epithelium for antigen uptake."
    J. Exp. Med. 163(2): 367-380, 2017.

研究成果(プレスリリース)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

大野 博司
チームリーダー

メンバー

佐藤 尚子
専任研究員
金谷 高史
上級研究員
宮内 栄治
研究員
加藤 完
研究員
中西 裕美子
研究員
根本 信乃
研究員
佐々木 崇晴
基礎科学特別研究員
伊藤 崇
訪問研究員
SUN Peijun
訪問研究員
SHI Zhengzheng
大学院生リサーチ・アソシエイト
田中 雄一郎
大学院生リサーチ・アソシエイト
長田 律
大学院生リサーチ・アソシエイト
新 奈緒子
テクニカルスタッフⅠ
青木 雅美
テクニカルスタッフⅡ
伊藤 鮎美
テクニカルスタッフⅡ
影山 友子
テクニカルスタッフⅡ
榊原 小百合
テクニカルスタッフⅡ
鈴木 小夜
テクニカルスタッフⅡ
髙橋 ますみ
テクニカルスタッフⅡ
橘 直子
テクニカルスタッフⅡ
内田 和代
テクニカルスタッフⅡ

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22 北棟3階N309Aa
Tel: 045-503-7031
Email: hiroshi.ohno [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top